TsureZure is written by ippeitarou.

talking about IT, PC and general news.
Top
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31



Preview
Comments
&
Trackbacks

each recent
eight entries
最新のトラックバック
pc storage d..
from pc storage dev..
artist galle..
from artist gallery..
sitting wait..
from sitting waitin..
musky
from musky
real estate ..
from real estate li..
multibytetow..
from multibytetowid..
switchers
from switchers
rent to own
from rent to own
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite Blogs
Checking
Internet Explorer6.0
Opera7.53
Firefox1.0
RSS feed meter for http://ippeitarou.exblog.jp
カテゴリ:ASCII( 16 )
密かに先週号をお休みしていた、『ほぼ週刊「週刊アスキー」』ですが、現在多忙につき、今週号のちょっとばかり遅れます。たぶん、明日には掲載できるかと。楽しみにしている定期購読者の方(おられないとは思いますが・・・)には大変ご迷惑をおかけします。

その他の記事のコメントに対する返事なども多少遅れます。
[PR]
by ippeitarou | 2005-01-23 00:21 | ASCII
b0049674_3203238.jpgこの季節になるとどうしても話題に挙がるのが「年賀状」。売れ筋ソフトのランキングを見ても、10位以内に6個も年賀状関係のソフトがエントリーされています。これは普通のようで、すごいことです。さらには、この時期は家電量販店にはたくさんの年賀状関連の書籍などが山積み。

こうして売り上げランキングや店頭を見てみると非常に多くの方が年賀状ソフトに投資しているようですが、最近は年賀状という習慣が多少は減少し、メールでの挨拶が多くなってきています。特に、携帯でのメール。そのため、毎年のように1月1日のメール送受信には制限がかけられます。無料サイトもたくさんあったりして、手軽で便利なのが利用の理由でしょう。私がよく利用させてもらっているのはこちら

もともと年賀状という習慣は当たり前のようで何だか不思議な習慣なのですが、起源はよくわかっていない、とのこと。ただ、バレンタインデーにチョコを送るというのをチョコ会社が仕掛けたように、年賀状普及にも仕掛けられた部分があるような気が・・・。ですが、一応習慣という根強い規制がかかっているので、出さないわけにはいきません。メールでの年賀状に対しての拒否反応は少なくなってきているとはいえ、きちんと出すのが礼儀だ、と考える人も少なくありませんし。そこで、今回は年賀状ソフトにお金を出さなくても簡単にできる無料の年賀状作成をご紹介。

大手サイトではこうした無料サービスを実施しているところが結構あります。人気なのは、Canonエプソン。フリーの年賀状作成ソフトを配布していたりします。素材も様々なものがあります。

b0049674_225558.jpgもっと身近なソフトを利用する方法としてはマイクロソフトのワードを使った年賀状作成があります。実は意外とワードにこうした機能があることが知られていなかったりします。まずは、年賀状に使用する素材などを決めます。「年賀状 素材 無料」などのキーワードで検索すれば簡単に見つかります。そして、ワードを立ち上げ、はがき印刷ウィザードで作成します(右の写真参照。クリックで拡大します)。住所録などを別途ワードやエクセルファイルで作成しておけばそれを読み込むだけでOKです。文面の作成もすることもできますが、ワードに標準でついてくるイラストでは物足りないので、そこは自分で先ほど探してきたフリー素材の画像を貼り付けたりするなどで編集して作成するのが良いでしょう。

ワードを使った年賀状作成のメリットとしては、ワードの基本的な使い方さえ知っていれば誰でも簡単にデザインが可能なこと。また、これだけ普及したワードですからそう簡単に無くなることはありませんし、バックアップなども簡単。OSの違いによる不具合の可能性も低い。それに、毎年のようにバージョンアップした商品を買う必要もありません。

オリジナリティを出したちょっと凝った年賀状を出したい人などは年賀状作成ソフトよりも、こうしたワードなどを利用した低コストでできるオリジナルデザインに挑戦してみられるのも良いのではないでしょうか?
[PR]
by ippeitarou | 2004-12-22 02:31 | ASCII
今週号から「今週の週刊アスキー」のスタイルを少し変更。

134ページにiPod用ソフトのレビュー記事があります。以前からアップル社はiPodをPDAのようにすることを想定していたわけですが、こうして一般の方からフリーソフトが色々出てくるとか私は想像していませんでした。

中でも「Pod野郎」というソフトはRSSリーダーで取り込んだ記事を閲覧することができるなど多彩な機能のソフトでしかもフリー。これはいいですね。ただ、欲を言えば文章閲覧ということを考えると少し液晶が小さいのが難点。

しかし、iPodの人気は衰えることを知りません。iPodPhoto(売れてるのかな・・・?)に続き、どうやら80Gサイズのものまで投入する可能性があるようです。私としては、それよりもフラッシュメモリータイプのiPodが発表になったのでそちらに興味がありますが。80Gなんて何に使うのか・・・。動画再生も兼ねるならわかりますけど。

それにしても、アップル社は今回はうまく市場に売り込んでいますね。CMも特徴あるものですし、iPod自体にも「U2バージョン」だとか、最近発表になった「エヴァンゲリオンバージョン」など。購買意欲を促進させる(一部においてでしょうけど)企画を他社とのコラボレーションで行っています。

どこまで市場のファッションリーダーでいられるか。これまでiPodはそうした点での批評を受けてきましたが、今後はデザインから機能の拡充へと着々と発展するようです。今後ともiPodは注目商品です。
[PR]
by ippeitarou | 2004-12-16 03:03 | ASCII
「掲示板 斜め読み」 P37
様々な掲示板からちょっと笑える話題などを持ってくる掲示板斜め読み。今回ちょっと笑えたのが、「遊園地でやったワルな行動」、「バイキンマンにアドバイスしよう」のコーナー。

More
[PR]
by ippeitarou | 2004-12-07 22:12 | ASCII
少し遅れましたが、今週のアスキーからいくつかピックアップ。

「松井の辞典」 P175
毎週、普通にある単語を取り上げては独自の口調で説明する松井さんですが、今週面白かったのは「メールスキャン」。
セキュリティーソフトのとっても便利な機能。でも、そのおかげで送受信が非常に遅くなってしまい、こんなことならある種のウィルスに感染してパソコンの調子が悪くなってるのと変わりないじゃん!と思わざる得ないもの。
なるほど!と少し苦笑いとともに思ってしまいました。添付などが少し重いものになるとスキャンも大変。1時間とかかかるわけではないけれども、普通の送受信時間に比べればよっぽど時間がかかるものです。その上、アドレスが間違っていたりして、メールアドレスが見つからないなどと返ってきた時はショック。いじめに近いものです。
というよりも、もしかすると、「メールをスキャンしています」というメッセージが表示されるウィルスに感染しているだけなのかも!
確かにそんなウィルスが出てきてもおかしくないような。スキャンしてますとか表示されつつ、メールの内容が盗まれていたり、メールを勝手に破棄されたりしたら大変だなぁとしみじみ思いました。

「仮想報道」 P176
今週の「仮想報道」はネットニュースについて。新聞よりもネットニュースを優先するのであれば、ネットニュースをどう見るか?という点が重要な問題になるとの指摘。これはしかし新聞においてもそうであるだろうし、もっと言えば知人の間での噂といったような情報に関しても当てはまると思います。今回はネットという媒体に限定してのお話ですが、どう見たらいいのか?という点についての指摘は薄かったように感じます。メインはそこから派生した話題で、最近注目の「Google News」に関連した話題でした。「Google News」と「Yahoo News」という、大手ネットニュースサイトを比較していたりするのがちょっと気になる記事でした。

「折り紙にハマる!!」 P191
折り紙の紹介がされています。いやぁ、すごい。折り紙の技術もここまで進化したのか、と驚きです。自分でもつい折ってみたくなります。でも、完成度の高い作品に仕上げるための専用紙が10枚1000円。うーん、高い?のかな。ここまでくると折り紙も単なる遊びから芸術みたいなものに昇華されていくのかもしれません。画像をクリックすると拡大します。キングヒドラだそうです。もっと色々見てみたい方は「ギャラリーおりがみはうす」をご覧下さい。雑誌で紹介されている神谷哲史さんの本に関しても紹介されています。
[PR]
by ippeitarou | 2004-12-03 02:09 | ASCII
leinetsuさんのBlog「よみびとしらずのヨミズム」で「今週のジャンプ感想・ツッコミ・人生論」が毎週書いてあります。自分にとってメモ代わりにも使えそうだし私もやってみようと以前から考えていたのですが、スキン編集に手間取り長らくお蔵入り。それもひと段落ついたので、ついに開始。と、それほど大袈裟なものではないですが。

選んだのは「週刊アスキー」。雑誌は色々立ち読みするのですが、唯一毎週購読しているのがこれだったからです。「週刊アスキー」はPC関連の話題中心ながらも派生して色々な情報に触れてあるし、PC情報にしてもあまりに専門的すぎることもなく気に入っています。カテゴリーに「ASCII」を追加。個人的に気になった点をピックアップしてみたり。そういう感じでやっていこうと思っています。とりあえずは今週のアスキーから。

*前置きが長くなりすぎたので、今回は「More」の方に。

More
[PR]
by ippeitarou | 2004-11-24 08:11 | ASCII
アクセス解析