TsureZure is written by ippeitarou.

talking about IT, PC and general news.
Top
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31



Preview
Comments
&
Trackbacks

each recent
eight entries
最新のトラックバック
pc storage d..
from pc storage dev..
artist galle..
from artist gallery..
sitting wait..
from sitting waitin..
musky
from musky
real estate ..
from real estate li..
multibytetow..
from multibytetowid..
switchers
from switchers
rent to own
from rent to own
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite Blogs
Checking
Internet Explorer6.0
Opera7.53
Firefox1.0
RSS feed meter for http://ippeitarou.exblog.jp
球団合併・新球団設立問題
自ら不人気球団を選ぶ疑問

楽天とライブドア 直近決算比較


 ついに参入は楽天になりました。私は野球に関して言えば特定の好きな球団というのはなく、その年の優勝に関してもどこでもいいといった感じです。投げやりな意味ではなく、真剣にプレーして白熱した試合を見せてくれれば、勝敗はどうであれ、どのチームも素晴らしいと感じるからです。

 むしろ球団の勝敗よりも、個人の選手の成績とかが気になる方です。「おー、今年はこの選手が頑張ってるなぁ」とか。野手だと、打率。投手だと、防御率などを特に見ます。唯一、ずっとファンなのは野茂英雄選手です。彼の魅力などは語りだすと色々でてきてしまうので、またの機会に。ちなみに、今年FA宣言したようです。話は随分ずれましたが、ここでは今回の球団合併・新球団設立問題について感想を。これまでの一連の流れに一つの決着がついたので今まで感じたことなども含めて。



 ぶらぶらと、検索キーワード「野球 楽天」などでBlogを巡回してみると、タイムリーなためもあってたくさんのBlogがありました。その中でもトラックバックやコメントの頻度が高く、活発な意見があったものを上記にトラックバックしてみました。また、決算の点から見てるBlogもあったのでそちらも。

 私としては、楽天であっても別に良いだろうというのが本音です。ライブドアが嫌い、とかではないですが。どうも、世論では「楽天」=「悪」、「ライブドア」=「ヒーロー」といった構図が一部あるように思います。理由は様々で、球団維持の救世主として登場したライブドアに対して、楽天が後から経済界のお偉いさんなどを引き連れてやってきたこと。他には、審議委員会のいじめ?のような態度に関してのマスコミ報道。さらには元巨人オーナー関連疑惑説などなど。

 そうした悪とヒーローの構図だけで、つまり感情論的に今回の楽天参入を批判するのはどうかと思います。もちろん、色々な方々が指摘しているように審議委員会の問題などはあると思います。しかし、球団経営がどうなるか?という点が最も重要なので、誰が経営しても良いと思うのです。うまくやってくれさえすれば。

 詳細に調べたわけではないですが、楽天にしてもライブドアにしてもそれほど球団経営方法や運営の点で特別目を見張るほどのアピール材料は無かったように思います。そんな詳細にビジネスモデルなんて公表できるか!という考えもありそうですが。でも、そこが重要なポイントだと思うのでその点での議論というか、それが一番活発であるべきでは?と思ったりします。最も目だったのはライブドア社長の熱意でのアピールという点かと思います。熱意はとても大切なことですが、本当に野球復興に熱意があったかどうかというのもわからないです。企業は利潤の追求が目的です。利益があると思うから行動するわけですし。

 ですので、とりあえずは楽天に任せてみればいいのではないかと思います。そこで楽天が失敗したら、また参入すればいい。ライブドアも楽天が失敗して、こりゃやっぱり球団運営なんて得しないわ、とか思ったのなら参入しなければいい。「楽天参入決定」ということの瞬間の批判だけに目を奪われず、今後の楽天の運営に注目し、批判すべき点は批判していけば良いと思っています。

 それよりも、いつから野球は公共財になったのでしょうか??不思議です。公共財の定義からすれば、100歩譲っても準公共財のような。以前、朝まで生テレビという番組でライブドア社長や古田捕手なども呼んで、参入問題などについて討論(とはとても言えなかったけど)している中でも頻繁に使われて、非常にひっかかると思ったものです。さっと検索してみるとやはりこの内容についてわかりやすく問題提起しているところがあったので詳しくはそちらを。「プロ野球は公共財か?」 「公共財としてのNetworkとプロ野球

 そこから派生して、「野球は公共財なんだ、文化なんだ!そこを、ネクタイも締めず、なにをやっているかわけもわからないような会社にまかせるわけにはいかん!」みたいな意見などもあったような気がしますが、ライブドアが何をやっているかを知らないのは、あなたの方の問題であって自分がわからないからといって、それを「公共財」や「文化」とくっつけて切り捨てるのはどうか?と思います。更に派生して、アダルト問題を随分しつこくつついていたような気がしますが、「人のエロ見て、我がエロなおせ♪」「公共財にふさわしい企業だってさ」にもあるように、なぜライブドアだけが叩かれなければいけないのでしょうか?「なにをやってるかわけもわからない会社に任せられない」=「業務内容が把握できていない会社には任せない」ということであれば、こうして他にもアダルト関連のことを行っているという「業務内容」をわかっていなかったわけですから、ライブドアと同様の扱いとなってしかるべきでしょう。アダルト問題だけを考えてみてもそうです。そもそも議論がおかしいと思うのですが。

 ライブドア社長の失敗と思うのは、こうした点を考慮して対処せずに、いわゆるエログと思われるBlogを勝手に削除したり、「アダルト」項目をさっさと「その他」にしたことです。これでは、審議委員会に迎合したかたちとなってしまいますし、自分の味方の可能性のある人達(エログ関係者など)からの反感を買ってしまいます。

 さらに今回の一連の話でもともと不思議だったのは、なぜ新規参入にこれほどごたごた騒がなければいけないのか?なぜ6球団でなければいけないのか?6対5では駄目なのか?10対10くらいにしてもいいのではないか?などなど。まぁ、そこは世の中色々あるのだよ、と言ってしまえばそれまでですが。ですが、今回の楽天決定について多くの人がこれだけ反応を示す、特にライブドア参入を応援していた人が怒りにも似た感情を示すのかというと、実はこの根本問題に対する「意識」にあるような気がするのです。

 話が長くなったので続きはまた次回にでも。
[PR]
by ippeitarou | 2004-11-02 21:30 | Column
<< 我が家の家計は火の車!? what can we do >>
アクセス解析