TsureZure is written by ippeitarou.

talking about IT, PC and general news.
Top
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31



Preview
Comments
&
Trackbacks

each recent
eight entries
最新のトラックバック
pc storage d..
from pc storage dev..
artist galle..
from artist gallery..
sitting wait..
from sitting waitin..
musky
from musky
real estate ..
from real estate li..
multibytetow..
from multibytetowid..
switchers
from switchers
rent to own
from rent to own
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite Blogs
Checking
Internet Explorer6.0
Opera7.53
Firefox1.0
RSS feed meter for http://ippeitarou.exblog.jp
ソーシャル・ネットワーキング
最近、流行のソーシャル・ネットワーキング。私も、mixiとGREEに参加しているわけですが、このソーシャル・ネットワーキング、他のネットサービスと何が違うのだろう?とふと考えてみるのですが、一言でいうと「世界に公開されている閉じたコミュニティ世界」といったところでしょうか。

ソーシャル・ネットワーキングサービスに共通する概念は「参加するには知人の紹介が必要」「友人の友人は私の友人」ということなのです。これ以外は正直、別段目新しいサービスは無かったりします。この独自概念によって、存在価値を作り出しているわけです。また、先ほどの「世界に公開されている閉じたコミュニティ」というのもこの概念があるからなのです。ソーシャル・ネットワーキングのサイトは世界に向けて公開されているものの、コミュニティに入るにはすでに住人となっている人からの承認が必要です。

これまでは、ネットで個人的な情報を発信・公開することはそれなりのリスクを覚悟しなければならず、全て匿名でのやりとりが基本でした。まぁ、匿名だからこその自由度のメリットもあります。でもそれ以上にデメリットも多い。そんな中、みんな誰か友達の紹介だから大丈夫、といったある種保険機能をつけたのがこのソーシャル・ネットワーキングサービス。その安全といった意識が急激に参加者を増加させているのかもしれません。

ただ、この保険というのも一見大丈夫のようで、実はそうでもないような。非常に曖昧な安全意識だと思うのですが。それでも、非常に細かく個人情報を発信したりしている人が多いのもこのサービスの特徴。不思議です。

このソーシャル・ネットワーキングの世界については、またゆっくりと考えてみたいと思っています。どうして人気があるのでしょうか。というか、人気というのも非常に限られた一部でのこと、なのかもしれません。たぶんそんな気がしています。
[PR]
by ippeitarou | 2005-01-08 05:47 | IT or AV
<< 3.5インチ型HDDで最大記憶... 新成人の早婚願望 >>
アクセス解析