TsureZure is written by ippeitarou.

talking about IT, PC and general news.
Top
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31



Preview
Comments
&
Trackbacks

each recent
eight entries
最新のトラックバック
pc storage d..
from pc storage dev..
artist galle..
from artist gallery..
sitting wait..
from sitting waitin..
musky
from musky
real estate ..
from real estate li..
multibytetow..
from multibytetowid..
switchers
from switchers
rent to own
from rent to own
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite Blogs
Checking
Internet Explorer6.0
Opera7.53
Firefox1.0
RSS feed meter for http://ippeitarou.exblog.jp
信用こそ全て
これからの時代、最も重要な要因となるものは何か?と考えてみると、「信用」であると思います。非常に抽象的な言い方ですが、あらゆる分野においてその重要度が高いものが、この部分であろうと思うのです。ビジネスをするにしても、何をするにしても、その分野においてある種の成功するための基本条件の一つではないでしょうか?

これまでもそうだと言えばそうなるのですが、これからは以前にも増して重要になるでしょうし、また見極めが難しい部分にもなってくると考えています。それはやはり相手と実際に接しないコミュニケーションがインターネットの発達に伴って世の中に浸透してしまったからです。




ネットで何かを買う、なんてことはかなり一般化してきたことです。頻度は低くても、1回くらいは経験がある、という人は多いのではないでしょうか?さらに、企業のホームページなどからネットで買い物をする、ということであればこれまでの通信販売とそれほど変わりませんが、現代は誰でも個人商店を開くことができるようになりました。Yahoo!オークションなど良い例でしょう。オークションなどの場合、取引相手は全く知らない世界のどこかにいる他人です。売るほうにしても、買ってくれる人は誰だか全くわからない。買う方にしても売ってる人は誰だか全くわからない。そうした、不特定多数同士による、商取引が頻繁に行われるようになりました。

こうした場合、基本的にはお互いに「信用」するしかありません。写真などの掲載、クレジットカードによる身分保障など様々な手段が出てきましたが、これにしても「信用」を高める行為にすぎませんし、100%安全で信用できる情報かどうかは全く不明で、やはり相手からの情報を「信用」するしかないのです。

これからは、ますますインターネットというものが普段の生活に浸透していくであろうと思います。インターネットという形式かどうかは別にしても、ある種の通信機能を活用したコミュニケーションです。これは対象となる一つの「情報」に対する情報が少ないコミュニケーションなのです。

表現がうまくできませんが、スーパーで大根を買う場合を考えてみると、そこにはまずは大根という商品の「情報」があるわけです。その情報を得て、消費者は購入しようとします。しかし、大根は他のスーパーにもあります。AよりもBのスーパーの方が安いという情報があった場合、消費者は基本的にはBを選択します。さらにBの大根の産地はbで、Aの産地はa。bよりもaの方が美味しいという情報が入ると、そこで消費者はまた選択を考えます。

このように身近な事例を考えてみても、そこには非常に多くの情報があり、そして自分が得た情報から物事を判断しているわけです。しかし、インターネットなどの通信機能によるコミュニケーションの場合、対象に関して得られる情報が少ないのです。先ほどのオークションなどにしても、例えば服を買う場合、写真も掲載されているしサイズもMと表示されている。よし、購入しようと考えて購入してみても、実際に着てみるとどこかサイズがおかしい。こうして発生する取引間でのいざこざは非常に多いです。これも、Mサイズという情報だけだったからです。同じMサイズにしても、メーカーによって微妙に差がありますし、やはり試着してみなければ細かい部分はわからないものです。この段階で、すでに試着による感触という情報を得ることができていません。このように少ない情報から何かを選択する場合、何が決定要因となるかというと、それは「信用」です。あそこなら大丈夫だろうという、もっともらしい根拠があるようで実は非常に曖昧な選択理由。そうした「信用」が作用するわけです。

しかし、もっと根本的な部分を考えてみると、普段使用している貨幣などまさに「信用」こそ全ての物なのです。これは経済学の基本ですが、世の中の人が「信用」しているからこそ、単なる紙に価値が発生しているわけです。誰も信用しなくなったらただの紙切れにしかすぎません。「信用」があるからこそ価値が発生します。

では、その基本要因である「信用」を社会的に高めるにはどうすればいいのか。簡単なようで非常に難しく、実際には時間がかかるものであると思います。しかし、逆に「信用」を失う方法は非常に簡単で、しかも一瞬です。連続して発覚する企業の不正事件や政治の汚職などを目にする度に、この基本要因をすっかり忘れているのかわかっていないのではないだろうか?とふと思ってしまいます。

少しまとまりに欠けた文章となりましたが、最近のニュースなどを見ていて考えてみました。

サイドビジネスの上位は「ネットオークション」「懸賞への応募」など

サイバー犯罪に注意 県内でも急増中--偽高級ブランド品販売など /佐賀

<通貨偽造>14歳中学生を逮捕 パソコンで偽造 警視庁

NHK不祥事、抗議や苦情の電話90件

NHK 元プロデューサーら逮捕 番組制作費の詐欺容疑で

「余計なもの隠せ」UFJ元副頭取が発案…メモ押収
[PR]
by ippeitarou | 2004-12-05 12:23 | Column
<< 天才は創れる? 集団という個人 >>
アクセス解析