TsureZure is written by ippeitarou.

talking about IT, PC and general news.
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



Preview
Comments
&
Trackbacks

each recent
eight entries
最新のトラックバック
pc storage d..
from pc storage dev..
artist galle..
from artist gallery..
sitting wait..
from sitting waitin..
musky
from musky
real estate ..
from real estate li..
multibytetow..
from multibytetowid..
switchers
from switchers
rent to own
from rent to own
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite Blogs
Checking
Internet Explorer6.0
Opera7.53
Firefox1.0
RSS feed meter for http://ippeitarou.exblog.jp
集団という個人
寮生に尿を飲ませる…熊本の私立高、いじめで3人退学

Yahoo!のトピックスで知った事件ですが、こうした事件を見るといつも集団というものを考えてしまいます。最近だと、国士舘大サッカー部のわいせつ事件などもありましたが、身近なところで感じる集団の怖さの事例の一つです。

集団になると雰囲気が変わってしまう人がいます。特に多いのは妙に強気になる人。赤信号、みんなで渡れば怖くないといった心境なのかもしれません。個人が自立した集団というのはなかなかありません。集団になってしまうと、その集まりがまるで個人であるかのように、一つの塊になります。団結などという言葉で表現されますが、つまりは個人を集団に同化させるわけです。そして同化することによってそれは一つの固体となります。その固体としての塊が大きければ大きいほど強くなります。大多数、マジョリティ、そういったものもそうだと思います。強くなる、というのはある種の権力意識のようなものであるだろうと思いますが、力を持てば持つほど非常に怖いものがあります。これまでの歴史を振り返って見てもそうした事例は枚挙に暇がありません。

今回も一人一人という小さな塊の個人ではこうしたことをしなかったかもしれません。大きな塊である集団という個人になってしまったが故に起きた事のように感じます。
[PR]
by ippeitarou | 2004-12-04 14:55 | Column
<< 信用こそ全て 電話にはすぐ出ましょう >>
アクセス解析