TsureZure is written by ippeitarou.

talking about IT, PC and general news.
Top
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



Preview
Comments
&
Trackbacks

each recent
eight entries
最新のトラックバック
pc storage d..
from pc storage dev..
artist galle..
from artist gallery..
sitting wait..
from sitting waitin..
musky
from musky
real estate ..
from real estate li..
multibytetow..
from multibytetowid..
switchers
from switchers
rent to own
from rent to own
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Excite Blogs
Checking
Internet Explorer6.0
Opera7.53
Firefox1.0
RSS feed meter for http://ippeitarou.exblog.jp
NintendoDS

ついに発売となったNintendoDSですが、店頭に置いてあったので触ってみました。正直な感想としては、う~ん。CMで流れているPSPと比べるとちょっとおもちゃのような感じ。ターゲットの年齢層はPSPよりも若年層のように思いました。同じくらいの値段(差額は約5000円)ですし、どちらを買うかというとデザインなどの点からもPSP。ただ、個人的には両方とも購入する気はありませんが。気になるのは携帯ゲーム機市場のシェアが今後どうなるのか?ということ。




家庭用のゲーム業界はファミコンの登場によって任天堂がほぼ寡占状態。スーパーマリオブラザーズは650万本以上の販売本数を誇り、単体でのゲームソフトでは至上最高の売り上げ本数だったと記憶しています。その後スーパーファミコンと移り、さらに家庭ゲーム機の市場での立場を磐石なものにしました。PCエンジンや、SEGAなど、様々なハードが参入しましたが、いずれも牙城を崩すには至りません。しかし、そこでついにその牙城を崩したのが、Sony。プレイステーションの登場によってついにその牙城が崩れることとなります。その後、Sonyは任天堂と同じ路線を辿り、次世代機となるPS2を発表。任天堂も対抗しますが、国内においてはPS2に大きくシェアを取られることとなりました。ちなみに、海外では意外と任天堂のシェアが高いといった話を以前聞いたことがあります。

しかし、未だに任天堂がほぼ寡占を続けていたのが携帯ゲーム機。ゲームボーイ、ゲームボーイアドバンスと、シェアのほとんどを任天堂が取っています。ここにも、ワンダースワンなど色々と参入しましたが、やはり淘汰されてきました。そうした携帯ゲーム機市場にも、ついにSonyが殴りこみ。スーパーファミコン、プレイステーション以来となる前面対決です。私としてはここが非常に楽しみです。Sonyは携帯ゲーム機の方でも任天堂からシェアを奪い取ることができるのか。興味深いです。

PSPの実機を触っていない(新宿駅などには展示してあるそうですが、まだ見ていない)ので評価は難しいのですが、予想としてはPSPがかなりシェアとして食い込む可能性が高いのではないかと思っています。それはターゲットとしている年齢層が高いことにあります。高い、もしくは幅広いという表現が適切かもしれませんが。

ゲームをする年齢層は初代ファミコンを子供のころ遊んでいた世代が今でもかなりの割合を占めているそうです。だとすると、ほとんどが現在の20代から30代。やはりその年齢層に購買意欲を起こさせるような商品である方がいいでしょう。また、価格帯もどんどん高くなってきています。本体が2万、ゲームソフト約7000円、といった現在の価格帯では、普通の小学生のお小遣いで買える範囲ではありません。基本的には大人が買う玩具なのです(変な意味ではなく)。さらに少子化も重なります。そうした点を考えると商品開発の方向性としてはそうした年齢層を意識したものにした方が良いでしょう。

そうした場合、PSPは単純なゲームとしての商品ではなく、音楽、映像といったポータブル・マルチメディアを意識されています。また、写真で見る限りはその黒い光沢が高級感を漂わせます。PS2を黒にしたのにもこの人間の色彩に対する意識の違いを利用したものと思われます。部屋に置いてあってもちょっとしたインテリアとみることもできる、そういったところも良いです。パソコンにおいてもSonyは家電インテリアということを強く意識しているように思いますし(それが成功しているかどうかはまた別の問題)。その流れでしょう。

また、SonyはCMにもお金をかけている、もしくはかけて無くても上手く作っている、と感じます。PSの時もそうでしたが、印象に残るCMも影響したと思います。今回のNintendoDSとPSPのCMですが、個人的にはやはりPSPの方が好きです。特にNintendoDSの宇多田を起用したCMは最初見た時から、「ちょっとなぁ・・・・」という感じでした。ちなみに、公式サイトにCMも公開されています。NintendoDSはこちらから、PSPはこちらから見ることができます。PSPのCMは猪木のも面白いですが、個人的には「通勤麻雀篇」「見た?教室篇」も面白い。レッジレーサーの動画もCMで公開されていますが、綺麗です。これまでの携帯ゲーム機には無かったように感じます。

12日の発売になってみないとわかりませんが、今のところこのように予想しています。最終的には参入ソフトなどによって大きく影響を受ける商品ですから、まだまだわかりませんが。ただその点もPSPはPS2との連携が強く、ユーザーの獲得にはさほど困らなそうです。勝負はNintendoDSの、二画面という特殊なハードの環境をいかに生かした面白いソフトがでるか?にかかっていそうです。今後が楽しみな市場です。


追記
上記ではどちらかと言えばPSPを高く評価したのですが、公式サイトにあるNintendoDSのソフト紹介ムービーを見ると、これはもしかするといけるかも、と思ってしまいました。ペンや指によるタッチ形式というのが見てる限りにおいては面白そうです(ただ、液晶画面の傷みが激しくならないかが心配になるところですが・・・)。基本的にはゲームはシステムの面白さが一番重要で、映像や音楽は次だと考えているのですが、そうした点を考慮するとNintendoDSの方が「ゲーム」としての面白さはPSPよりも上回る可能性がありますね。


また、エキサイトブログでも話題になっています。

今日のゲーム情報
DS関連のリンクがまとめられています。そこにあるリンク先のレビュー記事などを見ると評価が高いです。

――――――ニンテンドーDS本日発売!!!―――
発売当日などの様子のリンクがまとめられています。この写真を見ても、やはり行列はほとんどが大人。小学生の長蛇の列とかは無いですねぇ。やはり大人の玩具です。
[PR]
by ippeitarou | 2004-12-04 12:47 | IT or AV
<< 電話にはすぐ出ましょう Words of the Year >>
アクセス解析